理美容商材通販サイト・サロン専用の通販サイト ビューティー専科

エドル[オレンジ]活用ポイント&レシピまとめ

エドル[オレンジ]活用ポイント&レシピ集

商品特徴

  • 鮮やかで高発色なストレートなクリアオレンジ。
  • プライマリーのオレンジと比較するとわずかに赤みを持つ色でナチュラルなアンダーでも高い表現力を持つ
  • ぎらつきが出にくく、色落ちはストレートなオレンジが残る設計。

 

おすすめ活用法

◆アンダーに左右されにくい濃度感。まずは単色使いが◎

◆同じ暖色系のBeと相性がよく、軽くカジュアルにしたい場合や少し茶みを足したい時などO:Be(3:1)での組み合わせがおすすめ

エドルのご注文はこちら

 

1:透明感と深みを両立させたバーントオレンジ

 

 

●BEFORE

16LVのY(イエロー)

 

●RECIP

O-9+B-9(3:1)2%

 

POINT

  • 非常に再度の高いOー9をメインに、紫みをもつB-9を組み合わせることで、彩度をやわらかくしながら肌なじみを良くしている。
  • 彩度の高いエドルのオレンジは、組み合わせる色みによってオレンジをメインとしたさまざまなニュアンスのカラーが表現できる。

 

 

2:16LVのイエローアンダーから表現する鮮やかなジョリーコーラル

●BEFORE

16LVのY(イエロー)

●RECIP

O-11 2%

 

POINT

  • エドルのオレンジはやや赤み寄りの特長があるため、アンダーカラーの黄みに振られることなく単色で透明感のある彩度の高いオレンジを表現することができる

  • しっかりとした濃度感でアンダーの影響を受けにくいのが特徴。

 

 

3:ペールトーンからつくるカジュアルな印象のタンジェリン

 

 

 

●BEFORE

18LVのPY(ペールイエロー)

 

●RECIP

O-11+Be-11(2:1)2%

 

POINT

  • 同じ暖色系のBeと組み合わせることで、色相を変えることなく柔らかく彩度をコントロールすることができる

  • 高彩度・高発色なオレンジはBeやPeとの組み合わせで質感をコントロールしたり、Rとの組み合わせで色相をコントロールするなどオレンジをベースとした幅広い表現が可能。

エドルのご注文はこちら

 

ご注意

  • 使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。
  • ヘアカラーでかぶれたことのある方には絶対に使用しないでください。
  • 染毛剤をご使用の前には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。

 

エドルブリーチのご注意

  • 使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。
  • 過硫酸塩を配合した製品(ブリーチ等)でかぶれたことのある方には、絶対に使用しないでください。

関連ブログ記事

ブログメニュー お気に入り メニュー 0 ¥0
Top