理美容商材通販サイト・サロン専用の通販サイト ビューティー専科

エドル[ネイビー]活用ポイント&レシピ集

エドル[ネイビー]活用ポイント&レシピ集

商品特徴

  • クリアで高彩度の青をベースにした強い紺色
  • 黒灰と弱い赤紫を配合し、赤みをしっかりと打ち消しマットに振れにくい1本で安定的、かつしっかりとしたブルー表現ができる
  • 非常に赤みが出にくい色落ちで、グレーに褪色する設計。

 

 

おすすめ活用法

◆非常に濃く、高彩度。まずは単色使いがおすすめ。

◆スモーキー感をプラスしたい場合はGrとの組み合わせが◎

◆アンダーに合わせてCLR-PXやLTと組み合わせて濃度感を調整しましょう

エドルのご注文はこちら

 

1:低明度で灰みを感じる仕上がりのグラファイト

 

●BEFORE

11LVのO(オレンジ)

 

●RECIP

NV-3+Gr-3(1:1)6%

 

POINT

  • 暗トーンダウンを行いながらグレー系の表現をするために、オレンジアンダーの補色となるNV-3を選択。
  • さらにGr-3を加えることで、スモーキー感をプラスしている
  • アンダーカラーに対して補色の関係になる2色を使用することで、三原色のバランスが取れ、自然な灰みを感じる黒髪に。

 

 

2:16LVのイエローアンダーから表現するネイビーグレー

●BEFORE

16LVのY(イエロー)

●RECIP

NV-9 2%

 

POINT

  • イエローアンダーでブルー系を使用するとアンダーカラーの影響を受けてマットに振られやすい。NVに含まれるわずかな赤紫がイエローアンダーの補色となり、マットに振れることなく仕上げることができる。
  • 光に透けるような透明感のあるブルーグレー系を単色使用でシンプルに表現することが可能に

 

 

3:18LVのペールイエローアンダーから表現するコズミックブルー

 

●BEFORE

18LVのPY(ペールイエロー)

 

●RECIP

NV-9+CLR-PX(1:1)2%

 

POINT

  • ハイトーンで深みのあるブルー系を表現するためにエドルの中で色みの濃いNV-9をメインに選択。
  • CLR-PXで濃度調整することで明度を下げすぎずに深みのあるネイビーブルーを表現
  • わずかに赤紫が配合されていることで、褪色過程もマットに振れることなく、グレーやシルバーに色落ちしていく

エドルのご注文はこちら

 

ご注意

  • 使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。
  • ヘアカラーでかぶれたことのある方には絶対に使用しないでください。
  • 染毛剤をご使用の前には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。

 

エドルブリーチのご注意

  • 使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。
  • 過硫酸塩を配合した製品(ブリーチ等)でかぶれたことのある方には、絶対に使用しないでください。

関連ブログ記事

ブログメニュー お気に入り メニュー 0 ¥0
Top